温泉石(おんせんせき)の入浴方法

7月 23, 2011 | 未分類 |

 

【効果的な温泉石の入り方】 
水分を必ず補給してください。
①~④を2・3回繰り返してください。


【1】 
浴衣などを着たまま入浴できます。
気軽に温浴できます。
石の上にバスタオルをしいて準備OK

【2】
最初は仰向けになり天を仰いでゆっくりと休みながら10分程度横になります。
汗が徐々に出始めてきます。

【3】
次にうつ伏せになりお腹を暖めます。
5分程行うだけで胃が活発になり空腹感を覚えてきます。
汗はどんどん出ています。

【4】
涼み場で数分の休憩を挟みます。
また入浴します。
圧迫感や苦痛もなくリラックスしながらったっぷり汗を流すことが出来ます。



《発汗による効果》
  • 体温を調整する重要な役割をする。
  • 血液、リンパ液などの体液の循環を促進する。
  • 細胞の動きを良くし、皮膚をなめらかにする。
  • 細胞の新陳代謝を良くする。
  • 老廃物や不要な蓄積物を皮膚線から排出する。
  • 金属や毒素を排出する。
  • 塩分の取りすぎによる血圧の予防。
  • 痛風の原因となる尿酸などの血液汚染物を排出する。
  • 疲労や廊下の原因である乳酸脂肪、コレステロールなどを皮膚から直接排出する。

 

北投石と岩盤浴とラジウムの効果

9月 1, 2010 | 未分類 |

 

古くより万病に効くいわれている秘湯「玉川温泉」で今でも目にすることができる人々の「岩盤浴」する光景。
これは、北投石という世界でも台湾台北州七星郡とと日本の秋田県の玉川温泉からしか産出しないラジウム等を含む鉱物です。
「玉川温泉の北投石」は、大正11年(1922年)に天然記念物に指定され、昭和27年(1952年)には特別天然記念物に指定されており、現在は採取が禁止されています。
「健康によい」さらには「末期癌をも治す効果がある」とされその他に様々な効果があると多くの報告がされています。

しかし、玉川温泉は秋田県の山間の温泉地で、宿の数も限られているため湯治などで長期滞在を希望されても、実際には予約はかなりとりにくいようです。
「湯の花館」人口北投石でゆっくりと当時が出来る宿として万病で悩まされてる方や予防のためにご利用いただいております。(日帰りコース800円・素泊まり3500円)

http://ganbantuu.com/(岩盤浴)は体全体から汗がジンワリ、たっぷりと出てきます。
ここ数年、テレビや雑誌などででも話題の「デトックス」や「毒だし」あるいは「湯治」などの言葉も相まって、さらに玉川温泉の人気上昇とともに多くの方にご利用いただいております。

この癒石浴をお気軽にご利用できるように施設内にご用意いたしました。
年間を通じていつでもご利用いただけますので是非お立ち寄りください。

岩盤浴の効果や効能は、ラジウムに似たものがあり、身近な例として、ラジウム泉やラドン温泉があり、ラジウムは、まさしく自然界で放射能を発生する鉱物です。

ラジウム泉はラドンという、極弱い自然放射線を出すガスの元素が含まれており、ラドンの放射線を浴びる事により、体の各細胞が刺激を受け活性化をはじめる。
また、毛細血管が拡張して新陳代謝が向上し、免疫力や自然治癒力を高めるとされています。

 

加齢臭防止にはも岩盤欲が効果的

9月 1, 2010 | 未分類 |

 

加齢臭防止にはも岩盤欲が効果的

加齢臭の原因は皮脂線から出た皮脂は体外に排出され皮膚表面に皮脂膜を張り、細菌の侵入や肌の乾燥を防ぐ役割をしています。
年齢と共にこの皮脂が体外に排出されにくくなり、皮脂線(体内)で酸化していたり、雑菌が繁殖して腐敗したりします。
この皮脂が酸化した臭い( ノネナール )や、腐敗した臭いが加齢臭です。
若年者も不潔な人は加齢臭がしますし、歳をとっても肌が清潔な人はほとんど加齢臭は出ていません。

皮脂線に皮脂を貯めない・皮脂を排出することが、加齢臭を防ぐコツ!

加齢臭を防ぐには新陳代謝を高くし肌年齢を若く保ったり、運動や岩盤浴、低温サウナなどでしっかりと汗をかき、酸化した皮脂を排出させることが大切です。

実はあまり知られていないことですが、岩盤浴を男性が利用すると加齢臭が増すそうです。
岩盤浴でいい汗かいて若さを取り戻しましょう!

 

湯の花館 北投石の岩盤浴 癒し宿の旅館 田沢湖高原麓の人工北投石のラジウム泉岩盤浴と人工温泉の宿泊施設

カテゴリー:

アーカイブ: